僕が行っている弦潤滑剤塗布の手軽なやり方を紹介します

潤滑剤塗布アイキャッチ ギター雑記
スポンサーリンク

こんにちは。

ここでは僕が行っている弦潤滑剤のちょっと変わった使い方について書いています。

弦潤滑剤は人によってはまったく使わない方もいらっしゃると思います。

でも僕は使う事で得られる事が多いので使っています。

摩擦の軽減によってフィンガリングやピッキングがスムーズに行える事や弦の酸化を防いてサビ発生の予防にも有効でとてもありがたいアイテムです。

弦潤滑剤を使っている、もしくは関心のある方であればここで紹介する僕の使い方が採用されなくてもなにかの参考になったらいいなと思います。

もし良かったら読んでみてください。

スポンサーリンク

弦潤滑剤のちょっと変わった使い方

使うアイテムはフィンガーイースとメラミンスポンジです。

フィンガーイースとメラニンスポンジ

潤滑剤も色々と商品がありますが僕は特に強いこだわりは無いのですがなんとなくフィンガーイースを使っているのでこの記事でもこれを使って書いてみます。

メラニンスポンジにほんのちょっとの切り込みを入れ、そこにフィンガーイースを吹きかけて弦に塗布しています。

このやり方の利点は

・指板にあまり付かずに弦だけに潤滑剤を塗布できる ※でも指板にもちょっと付く
・部屋の中にスプレーの霧が舞わない
・潤滑剤を沢山付け過ぎる事を防げる
・スプレーの使用が少量で済む
・スポンジを作ったらスポンジがダメになるまで塗布がものすごく手軽に行える
・スポンジが汚れたらどんどん交換できるので衛生的

といった所でしょうか。

もちろんフィンガーイースは指板に吹きかけても大丈夫な製品です、製品には「指板面以外の部分に付着した場合、変質の恐れがありますのでご注意ください」の注意書きがあるのでメーカーとしては指板はOKという事を表明しています。

ただ、僕はなんとなく指板に直接吹き付ける事に抵抗があって昔から弦にだけ塗布したい気持ちがありました。

フィンガーイースの基本的な使い方はフレット目掛けてプシューと吹き付けるやり方だけではなくクロス等に一度吹きかけてからクロスを使って弦に塗布するやり方もあります、僕は詳しく知らないのですがこちらの方がメジャーな使い方なのかもしれません。

そこで僕も長い事クロスを使っていました。

ただ僕は汚れたクロスの交換・買い替えも面倒に感じるくらいの無精者なのと、割とすぐ汚れるので何かいい方法はないかなと思ってこれから紹介するやり方をするようになりました。

このやり方は普段からクロスを使って塗布している方やクロスの管理に面倒な気持ちの無い方はまったく役に立たないやり方だと思います、クロスを使う方法は一番良いと思います。

ですが僕と同じようなちょっと面倒くさがりな気持ちのある人にとってはきっと役に立つ方法ではないかなと思います。

 

ここから僕のやっている手順を紹介します。

メラミンスポンジに切り込みを入れる

最初に弦の幅に合わせた切り込みを入れる為に、メラミンスポンジを弦に押し当てます。

メラニンスポンジに跡をつける

そうするとスポンジに弦の跡がつきます。

メラニンスポンジに跡をつける2

この跡に沿ってカッターで少しだけ切り込みをいれます。

スポンジ切り込み1

普段は切り込みの深さを測ったりはしてなかったのですがブログで紹介するに当たって参考までに図ってみたら僕は普段大体5mmくらいの深さの切り込みを入れているようでした。

スポンジ切り込み2

これで準備は完了です。

スポンジを使って弦に潤滑剤を塗布する

スポンジにプシュッとスプレーします、ちょろっとで十分です。

切り込みを入れた箇所の表面から一番奥に当たる部分を狙ってプシュッとします。

スプレー位置

今回使ったメラミンスポンジの大きさでは3本分の切り込みなので、3か所にそれぞれプシュッとします。

スプレー3か所※写真を撮るために寝かせて吹き付けていますがスプレーですので立てて使うようにしてください

後はギターに張られた弦にこのスポンジを差し込んで一回ブリッジからナットまで撫でるだけです。

スポンジで塗布

スポンジは数回使えますので切り込みをいれたスポンジの用意があれば塗布はあっという間に終ります

スポンサーリンク

まとめ

「こっちの方が面倒くさいよ!」という声もあるかもしれませんが、僕はこんな感じで弦潤滑剤を使っております。

弦潤滑剤についてはそんなに関心の無いテーマだと思うのですが、このやり方は本当に手軽に行えます。

ギターの弾き始めと弾き終わりに1回ずつ行ってもクロスで塗布するよりも時間も使用量も微々たる差だとは思いますがちょろっと節約できると思います。

それとメラミンスポンジはクロスよりも心情的に捨てやすいと思います

またエレキギターの弦は錆はどうしても避けたい事なので弦のコンディションを保つ事は僕と同じようについケアを怠けがちな方にとっては役に立つかもと思って書いてみました。

メラミンスポンジは100円均一などで買えばクロスよりもお金がかからないと思います(とはいえクロスも100円均一の眼鏡拭きなどを使えば安く済みます)。

指板に潤滑剤が付くのに抵抗があり厳密に弦にだけ塗布したいという場合はクロスを使用する方に軍配があがります、メラミンスポンジの場合はどうしても少量の潤滑油が指板についてしまうと思います(特に1F2F付近のナット側)

記事中でも書きましたが、クロスによる塗布はこうやって書いてみると本当に一番良いやり方だと思います。

その上でメラミンスポンジがクロスよりも勝っている面としては研磨力の高さがありますのでエレキギターに張られる日常的な弦のお掃除アイテムとしては撫でる程度で十分に効果を発揮してくれると思います。

ただメラミンスポンジの研磨力は、たとえば歯などを磨いてしまうと歯の表面を削ってエナメル質に傷をつけてしまうくらいの威力があるものなのでくれぐれも弦以外を擦らないようにしてください

とはいえ意図的に弦以外を擦らなければまず問題ないと思います、スポンジでサッとひと拭きするだけで十分に塗布してくれて手垢も取ってくれます

フィンガーイース「FINGER EASE」はとても多くの方に使われている超ロングセラー商品です。

弦潤滑剤でどれを購入すべきかわからない時はひとまずこれを購入して基準として他の商品を試してみたら良いんじゃないかなと思います。

ちなみに僕はこれしか使った事がないので弦潤滑剤に関する知識がまったく無い無精さです。

メラミンスポンジを使う塗布はとても手軽に行えて思いのほか便利なので良かったら参考にしてみてください。

コメント