ブルースのベースラインの紹介③8ビート-1

ブルースベースライン3 ブルース初心者の方へのブルースのベースラインの紹介
スポンサーリンク

こんにちは。

ここではブルースの8ビートの曲で使われるベースラインを、使われている音源と共に紹介しています。

この記事ではとてもシンプルな8ビートのベースラインを紹介しています、より面白みのある8ビートのベースラインは「ブルースのベースラインの紹介④8ビート-2」で紹介しています。

ベースを弾く方でこれからブルースを始めてみようと思っていたりブルースを全く知らない方にもわかりやすく伝わる様に心掛けて記事をつくりました、是非読み進めて頂けたらと思います。

ブルースの8ビートに関してはどの曲も何かしら特徴のある音使いをされているものが多く、これといった定型のベースラインがあまりないように思います。

そんな中でも僕が個人的に汎用性の高いと思えるものを紹介してみます、ブルースをはじめたばかりの方はこのままセッション等で使っても有効なものだと思います。

また他の楽器の方であってもブルースを始めてみようかなという方であればベースラインを知って実際に弾いて(吹いて)みる事はきっと価値があると思います。

なおここで載せているタブ譜は音源のコピー譜ではなく僕の作った音サンプルのタブ譜になります。

この記事はブルースの演奏のヒントにしてもらう事が目的であり、他の曲でも活用しやすくする為により汎用的にしたベースラインを音サンプルと合わせて紹介しているものです。

音源のままのベースラインを勝手に紹介して著作権に抵触してしまうと大変なので紹介しているタブ譜のベースラインはコピーでは無くよく使われる汎用的なものにして他の曲の演奏でも活用しやすいものにさせてもらい、譜面の通りに弾く事で音源の再現にはならないようにしてあります。

スポンサーリンク

ブルースの8ビートにおけるベースライン①

前回のシャッフルのベースラインの記事と同様に紹介しているフレーズはすべてキーをAで演奏したものも併せて挙げておきますので使ってみてください。

フレーズを同じキー・同じテンポで弾いてみる事でどこがどう違うのかよくわかって活用しやすくなると思います。

8ビートのベースライン1

ブルース8ビートB_2

 

紹介しているベースラインはトライアドのみを使った極めてシンプルなベースラインです。※トライアド=1度3度5度の3和音の事

アルバートキングの音源では13thの音も使われていてタブ譜で紹介しているベースラインよりも勢いのあるベースラインになっています。

紹介しているベースラインを土台としてアルバートキングの音源から使われている音を足してみたり参考にして間をとってみる事で色々と発展させられるのではないかなと思います。

またテンポがゆったりしているので実際に演奏する時は音のタイミングがとても重要で気を抜けないフレーズなのかなと思います。

 

次のものがAのキーでのサンプルです、後に紹介している他のベースラインのサンプルとも聞き比べてみてください。

ブルース8ビートB_2A

 

8ビートのベースライン2


ブルース8ビートB_3

このベースラインで紹介しているメッシンウィズザキッドという曲はブルースセッションではとてもよく取り上げられます。

ただこの曲のベースラインは大体こういう感じなのですが音源によっても本当に色々な種類の演奏があり、ブルースのライブやセッションでもベーシストの方によって本当に色々な演奏があります。

5小節目のⅣのコードに入った時にキーの音より4度上のⅣに行くか5度下のⅣに行くかも人によって違うと思いますし、ここではCの音は3弦3フレットにしてみましたが4弦8フレットのポジションで演奏される方も沢山いらっしゃると思います。

またここでは8分音符の譜割りで統一してみましたが16分音符を入れる方もすごく多いと思います。

ここで紹介したタブ譜にこだわらずにご自身の弾きやすいラインやポジションを是非見つけてもらえたらと思います。

 

次のものがAのキーでのサンプルです、後のサンプルとも聞き比べてみてください。

ブルース8ビートB_3A

 

8ビートのベースライン3


ブルース8ビートB_4

これもメッシンウィズザキッドがカバーされて収録されている音源によく使われているベースラインです。

1つ前に紹介したベースラインを8分音符で埋めたものと見る事もできます。

2拍目頭(各小節の3つ目の音)でコードの長3度の明るい音を鳴らしている事で1つ前のラインよりも楽しくて賑やかな感じがするベースラインだと思います、ジュニアウェルズの音源でも5小節目からお祭り感が出てきて聴いていて楽しくなってきます。

また音源の1~4小節目のパターンもブルースの8ビートの演奏では汎用性がとても高いパターンだと思います、使ってる音は紹介しているベースラインの中にある音なので是非聴き取ってみてください、手持ちのフレーズにできるときっと役に立つと思います。

 

次のものがAのキーでのサンプルです、後のサンプルとも聞き比べてみてください。

ブルース8ビートB_4A

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事では8ビートのベースラインを3つ紹介しました。

8ビートは歌によってテンポもリズムも大きく違います。

この記事を書いてみようと思って色々とブルースを聴きあさってみたのですがやはり代表的なベースラインというのを判断する事が出来ませんでした。

8ビートのラインももう少し紹介したいのですが記事が長くなってしまいますのでこの記事では3つのシンプルなベースラインを紹介し、次の記事では少し特徴のある4つのベースラインを紹介してみようと思います。

最後にこの記事で紹介した4つのベースラインのキーAのサンプルをテンポを同じにしたものをまとめて載せてみますので是非違いを確認してみてください。

コメント