ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介②シャッフル-2

ブルースハープのフレーズ紹介2 ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介
スポンサーリンク

【 目次クリック(タップ)で目的の項目へ飛べます 】

こんにちは。

ここではブルースハープ(ハーモニカ)を始めたばかりの方へ向けてブルースセッションでシャッフルの曲で使えるフレーズを紹介します。

シャッフルのリズムのフレーズは3つの記事にわけて紹介してみます、これは2つ目のシンプルなフレーズを紹介する記事になります。

紹介するフレーズは基本的にはソロでもバッキングでもどちらでも使えるものだと思います。

よりベーシックなフレーズは「ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介②シャッフル-2」、より面白いフレーズは「ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介③シャッフル-3」記事で紹介していますのでよければこちらもご覧頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介②シャッフル-2

僕はギターでブルースハープの奏法に関してはまったく解説が出来ないのですが、とはいえブルースハープは楽器を問わずブルースを演奏する人にとってはとても身近な楽器です。

なので僕の中にあるブルースハープの方の演奏のイメージを、ブルースレジェンドの名盤に残っているハーピストの演奏と確認しながらギタリスト視点でフレーズを紹介します。

ブルースセッションにまだ不慣れなブルースハープの方へ実際に使われているフレーズを知る事でセッションに参加するハードルが下がったらいいなぁと思って自分なりにまとめてみました。

参考にしたブルースの名盤と併せて譜面と音サンプル音源を使ってフレーズを紹介しています。

紹介している音サンプルと譜面は音源のコピー譜ではありません、ブルースセッションや他の演奏で気軽に使えるようにシンプルにして僕なりに汎用化をしたフレーズの音サンプルの譜面になっています。

著作権に触れないように心がけて汎用的と呼べるようなフレーズを紹介するように心がけていますので音源とまったく同じフレーズになっているわけではありません

ただしここで紹介しているフレーズをヒントにすれば音源で実際に使われているフレーズもきっと簡単に耳コピーで音を拾えると思いますので是非ブルースの名盤に耳を傾けてレジェンドの演奏から実際に学んで頂きたいと思います。

素晴らしい演奏が出来るようになる為にはご自身の大好きな音楽の模倣は通らなければならないものだと思います。

この記事が少しでもその学びの参考になったらと思っています。

 

またブルースハープは奏法・吹き方による感情の表現が極めて重要だと思います、他の楽器にも言えるのですがブルースハープはギター等よりもこのウェートが際立って高いと個人的に思っています。

ですので気持ちが入っていないとブルースレジェンドと同じフレーズを吹いてみても吹き方次第でぱっとしない演奏になってしまう事も多いと思います。

譜面に表せないニュアンスなどが沢山ありますので是非音源に耳を澄まして感じ取って頂けたらと思います。

 

また全てのサンプルは音源のキーとは別にAのキーにしたものも載せてありますのでフレーズの対比や比較に役立てて頂けたらと思います。

スポンサーリンク

紹介フレーズの補足

紹介しているフレーズに関しては次のサンプルのように全てシングルノートのフレーズにして紹介しています。

ブルースハープシングルノート

しかし和音にして迫力のある分厚い演奏にしたい時があると思います。

シングルノートのフレーズの厚くしたい時はほとんどの場合はフレーズにコードのルート音を足したりフレーズの3度下の音を足す事で次のように音が厚くなります。

ブルースハープ和音

ブルースの名盤の演奏では和音で音を分厚くした演奏が沢山あります。

フレーズを和音化して吹く事はその時その時の感情に合わせて行えると思いますのでここで紹介するフレーズは全てシングルノートで紹介させてもらっています。

 

スポンサーリンク

フレーズの紹介

シャッフルのフレーズ⑤

ブルースハープのシャッフルのフレーズ5

ビッグウォルターの使われているフレーズを参考にパターンにしてみました。

実際にビッグウォルターは当然サンプルのようなフレーズを繰り返す事はなくフレーズを和音で演奏したり音の強弱にも1音1音神経を通わせてとても繊細な表現をされています。

また吹かれているフレーズも沢山の音を使われています。

ここで紹介しているフレーズをどんどん発展させていってビッグウォルターへ少しずつ近づけて貰えたらと思います。

 

次のサンプルがキーをAにしたサンプルです。

ブルースハープのシャッフルのフレーズ5A

 

シャッフルのフレーズ⑥

ブルースハープのシャッフルのフレーズ6

1つ前に紹介したビッグウォルターを参考にしたパターンととても似ているのですが、このパターンは定番曲であるアイムレディの演奏の時はお約束のように(といっても必ずではありません)ブルースハープのパターンをギターもピアノもホーンセクションも全員で一緒になって演奏するパターンです。

しかしブルースセッションでアイムレディに遭遇する機会がなくても他の曲で使って大丈夫な汎用性の高いパターンだと思います。

明るくて景気のいいとてもポジティブなフレーズです。

 

次のサンプルがキーをAにしたサンプルです。

ブルースハープのシャッフルのフレーズ6A

 

シャッフルのフレーズ⑦

ブルースハープのシャッフルのフレーズ7

ハウリンウルフのオールインザムードで聴かれるブルースハープのフレーズをパターン化してみました。

しかし作ったサンプルと譜面ではハウリンウルフの音源で聴かれる雰囲気にはまったくならないです。

僕にはしっかり聴き取れないのですが絶妙に和音がなっていたり息遣いによるグルーヴも前へ前へと推し進めていく力強い演奏を聴く事ができます。

シンプルなリフレインの中にブルースハープの演奏によってしか出せない沢山の魔法があるように思います。

 

次のサンプルがキーをAにしたサンプルです。

ブルースハープのシャッフルのフレーズ7A

 

シャッフルのフレーズ⑧

ブルースハープのシャッフルのフレーズ8

とても力強いポジティブなフレーズを紹介します。

フレーズというよりもジュニアウェルズの演奏そのものがとても力強いのでそういう印象を強くしているのかもしれないのですが、それでもこの曲で吹かれている演奏はわかりやすくて聴き手にまっすぐ届くフレーズだと思います。

ブルースセッションでのこの音域でブルースハープの演奏が聴こえてくるとバンドメンバーにも強く届いてきます、もちろん僕も一緒にギターを弾いると点火した事が伝わってきます。

 

この曲は音源のキーがAなので別サンプルはありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事ではブルースセッション等でブルースハープがシャッフルのブルースの時に使えるベーシックなフレーズ紹介しました。

シャッフルのよりベーシックなフレーズは「ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介①シャッフル-1」、より面白いフレーズは「ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介③シャッフル-3」記事で紹介していますのでよければこちらもご覧頂けたらと思います。

最後にこの記事で紹介したフレーズを、テンポを合わせて全てAキーにしたサンプルを並べてみますのでフレーズの比較等に使って頂けたらと思います。

コメント