ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介⑤8ビート-2

ブルースハープのフレーズ紹介5 ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介
スポンサーリンク

【 目次クリック(タップ)で目的の項目へ飛べます 】

こんにちは。

ここではブルースハープ(ハーモニカ)を始めたばかりの方へ向けてブルースセッションで8ビートの曲で使えるフレーズを紹介します。

8ビートのリズムのフレーズは2つの記事にわけて紹介してみます、これは2つ目のより面白いフレーズを紹介する記事になります。

紹介するフレーズは基本的にはソロでもバッキングでもどちらでも使えるものだと思います。

よりシンプルなフレーズは「ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介④8ビート-1」の記事で紹介していますのでよければこちらもご覧頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介⑤8ビート-2

僕はギターでブルースハープの奏法に関してはまったく解説が出来ないのですが、とはいえブルースハープは楽器を問わずブルースを演奏する人にとってはとても身近な楽器です。

なので僕の中にあるブルースハープの方の演奏のイメージを、ブルースレジェンドの名盤に残っているハーピストの演奏と確認しながらギタリスト視点でフレーズを紹介します。

ブルースセッションにまだ不慣れなブルースハープの方へ実際に使われているフレーズを知る事でセッションに参加するハードルが下がったらいいなぁと思って自分なりにまとめてみました。

参考にしたブルースの名盤と併せて譜面と音サンプル音源を使ってフレーズを紹介しています。

フレーズに著作権が及ぶのかわからないのですが問題にならないように音源を参考に汎用的と呼べるようなフレーズを紹介するように心がけていますので音源とまったく同じフレーズを紹介しているものではありません

ただしここで紹介しているフレーズをヒントにすれば音源で実際に使われているフレーズもきっと簡単に耳コピーで音を拾えると思いますので是非ブルースの名盤に耳を傾けてレジェンドの演奏から実際に学んで頂きたいと思います。

素晴らしい演奏が出来るようになる為にはご自身の大好きな音楽の模倣は通らなければならないものだと思います。

この記事が少しでもその学びの参考になったらと思っています。

 

またブルースハープは奏法・吹き方による感情の表現が極めて重要だと思います、他の楽器にも言えるのですがブルースハープはギター等よりもこのウェートが際立って高いと個人的に思っています。

ですので気持ちが入っていないとブルースレジェンドと同じフレーズを吹いてみても吹き方次第でぱっとしない演奏になってしまう事も多いと思います。

譜面に表せないニュアンスなどが沢山ありますので是非音源に耳を澄まして感じ取って頂けたらと思います。

 

また全てのサンプルは音源のキーとは別にAのキーにしたものも載せてありますのでフレーズの対比や比較に役立てて頂けたらと思います。

スポンサーリンク

紹介フレーズの補足

紹介しているフレーズに関しては次のサンプルのように全てシングルノートのフレーズにして紹介しています。

ブルースハープシングルノート

しかし和音にして迫力のある分厚い演奏にしたい時があると思います。

シングルノートのフレーズの厚くしたい時はほとんどの場合はフレーズにコードのルート音を足したりフレーズの3度下の音を足す事で次のように音が厚くなります。

ブルースハープ和音

ブルースの名盤の演奏では和音で音を分厚くした演奏が沢山あります。

フレーズを和音化して吹く事はその時その時の感情に合わせて行えると思いますのでここで紹介するフレーズは全てシングルノートで紹介させてもらっています。

 

スポンサーリンク

フレーズの紹介

シャッフルのフレーズ⑤

ブルースハープのシャッフルのフレーズ5

このフレーズはブルースセッションの大定番曲であるモジョワーキンで聴く事が出来るブルースハープのソロ演奏を参考にさせてもらいました。

紹介するフレーズはシンプルなものにしましたが(というか激しくてしっかり音がとれないといった方が正確なのですが)音源ではもっと激しいフレージングが聴かれます。

ブルースセッションに来る人は殆どの方が知っている曲ですので是非チェックしてみてください。

 

次のサンプルがキーをAにしたものです。

ブルースハープのシャッフルのフレーズ5A

 

シャッフルのフレーズ⑥

ブルースハープのシャッフルのフレーズ6

このフレーズはジュニアウェルズを参考にしました。

ここで紹介しているものは音源で吹かれているフレーズというわけではないのですがなんとなく僕がこの曲にたいするイメージをサンプルにしたものです。

フレーズではないのですがこの曲でのジュニアウェルズの演奏はフレーズを吹くというよりは歌い終わったらソロで沸かせるよいうよりもバディガイとの掛け合いにすべきことを見出しているようです。

ここで聴かれるバディガイとの掛け合いは演奏技術やフレーズの応酬にはなっていないのですがしかし緊張感溢れる熱演を聴く事ができます。

かなり上級のアプローチかと思いますがとてもかっこいいので是非チェックしてみてください。

 

この曲は音源のキーがAなので別サンプルはありません。

 

シャッフルのフレーズ⑦

ブルースハープのシャッフルのフレーズ7

このフレーズはブルースハープのスーパースターの4人が揃った豪華なアルバムから紹介します。

この曲ではジュニアウェルズがボーカルをとっているのですが曲もR&B調でめちゃくちゃかっこよくてジュニアウェルズの歌がばっちり映える曲です、イントロのピアノからめちゃくちゃかっこいいです。

ここで参考にしたソロの演奏とは別のコーラスでは高音域でとても難しそうな演奏も聴く事ができます。

シカゴブルースとはちょっと違う曲調ですがブルースセッションでもこういう思い切ったアプローチをするととても演奏が華やかになると思います。

 

次のサンプルがキーをAにしたものです。

ブルースハープのシャッフルのフレーズ7A

 

シャッフルのフレーズ⑧

ブルースハープのシャッフルのフレーズ8

最後に紹介するのはキャリーベルのルンバのリズムの楽しい曲です。

ブルースセッションでルンバのリズムで演奏する事は少ないと思いますが上級者のベテランさんであったりとかライブでご活躍されてるような方だとルンバの指示を出される方はいらっしゃいます。

ルンバのリズムであっても他の8ビートと同様のフレージングで演奏出来ますのでこういうブルースもあるんだなと知っておいて損はないと思います。

ここでのキャリーベルは和音で分厚い音色で豪快な演奏をされています。

紹介するサンプルはシンプルにしてあるのですがキャリーベルの演奏は勢いが物凄く全然違った印象になると思います。

とてもかっこいいので是非キャリーベルの演奏に一度耳を傾けて頂けたらと思います。

 

次のサンプルがキーをAにしたものです。

ブルースハープのシャッフルのフレーズ8A

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事ではブルースセッション等でブルースハープがシャッフルのブルースの時に使えるベーシックなフレーズ紹介しました。

よりシンプルなフレーズは「ブルースハープ初心者の方へセッションで使えるフレーズの紹介④8ビート-1」の記事で紹介していますのでよければこちらもご覧頂けたらと思います。

最後にこの記事で紹介したフレーズを、テンポを合わせて全てAキーにしたサンプルを並べてみますのでフレーズの比較等に使って頂けたらと思います。

コメント