ギターの上達速度を上げる方法 ブルースセッションの勧め

ブルースセッションの勧め ギター雑記
スポンサーリンク

こんにちは、ITKJです。

今はギターの上達法や練習方法・コツ等について、また音楽理論の解説について今は少しググればとても有益な情報にアクセスできてとてもいい環境です。

僕がギターを始めた時には考えられない素晴らしい環境です、特にyoutubeはスーパーテクニックの手元も運指も見たいアングルから見れたりして本当に凄いです。

ただし、映像で確認しづらい面があります。

「リズム」の分野です。

もちろんメトロノームを使って性格なタイミングを掴むのはとても大切で僕も取り組んできましたが、リズム面の話は言葉であれこれ言うよりも人と一緒に演奏して初めて気付ける事が多い分野かと思います。

1人部屋で沢山の時間を割いてギターと向き合ってればギターはうまくなると思うのですが、ギターはどうしても腕から先だけで演奏しがちな楽器だと思うのでリズムに関してはなかなか取り組みづらい所じゃないかなと思います。

また部屋で籠って練習していると人から指摘をされる事もありませんし手本となる演奏を体で感じる事もできません。

もちろん練習しないと上達はあり得ないので黙々と弾き続ける事は当然とても重要です。

その練習に、リズム面の取り組みが加わると演奏のレベルが確実に底上げされるのでリズムに関する意識はとっても大事な所なんじゃないかなと思います。

「じゃあどうするの?」となると思うのですが、ここではギターが上達する為の練習方法やコツといった個別具体的な話では無く、しかしリズム面も含めてギターの練習密度が一気に上達する方法があるので別の角度から記事にしてみました。

すでにバリバリやられている方にはこの記事から得られるものは無いと思いますが、ギターを始めてまだ日が浅い方であれば参考になるかと思います。

スポンサーリンク

部屋から出る

ブルースセッションへ行く
まずはギターを持って部屋から出ましょう、どこへ出かけるかはもう少し先に書いてあります。

いつもと同じ部屋、同じ所で練習していると確かに日々弾ける事が増えてくると思います。

これは絶対に必要なのですが上達の近道って指のコントロールだけじゃなかったりすると個人的には思ったりします。

今やってる練習に何か根拠が加わると同じ練習でも密度があがると思います。

その密度の上げ方って、自分の中で決めた目標以外に動機を持つ事で上げる事ができる気がします。

じゃあ自分で決めた目標以外で動機になる事って何だろと考えたときに、僕が思う第一候補がライブをする事です。

スポンサーリンク

ライブをする

ブルースセッションライブ画像
ギター上達にはライブをする、やっぱりこれが一番かと思います。

話の跳躍っぷりにはひとまずちょっとだけ目をつむってください。

もちろんこのサイトに辿り着いた方が求めてるものはきっとこれじゃないだろうなぁと思っています。

特に趣味でギターを始めたという方であればライブをするという発想がそもそも無いかもしれません。

でも上達する上でライブはやっぱりとても重要だと思います。

ちなみにこの記事の結論は「ライブをしましょう」ではありません。

ありませんが、提案はしたいと思っています。

僕はライブをする事から得られる事がもの凄く多かったです。

ちなみに僕の初めてのライブは高校の文化祭でした。(それはそれは甘酸っぱい思い出です)

学生が終わってからもバンド作って沢山ライブしました。

メンバーがいない時も一人で弾き語りライブをやったりもしました。

ライブって特別な事でもなんでもなく「やりたいからやる」ものです。

ライブに関しては色々と意見があるかと思いますが僕は「やりたいからやる」だけでいいと思います、資格も免許も要らなければ(というか無いですが)技術も経験年数も不要です。

ライブをやるとなるとメンバー探しは大変だし見つかってもスケジュール合わせとかバンドのビジョンだとかややこしい事も多いです。

集客とか演奏クオリティとか色々とついてまわるものも発生してきますし、バンドであればメンバーとの人間関係もあります。

しばらく続けていると初期の結束力も変化したり内部外部問わず神様発言する方も現れたり等々色々とありますが、僕個人は一生懸命全力で頑張ってれば別にいいんじゃないかなと思います。

評価も全部自分に返ってきますし自分の技量がなければバンドも続かないですから、当然ギターの上達は至上命題になります。

またギター上達の為にライブをするわけでは無くライブでいい演奏する為に練習するのですが、ギターの練習の在り方ってやっぱりこれが本筋な気がします。

でもこれを読んでくださってる方の中には、「そこまでマジじゃないんだけど!」という方も大勢いらっしゃると思います。

そこで、ライブに変わるアイデアとしてセッションへの参加を提案したいと思います。

スポンサーリンク

セッションへ行く

ブルースセッションの勧め
ここからがこの記事の本題です。

セッションへの参加をめちゃくちゃお勧めします!

セッションとは有志の発起人がスタジオを用意して人を募ったり、ライブハウスがセッションデーを設けて告知して人を募ったりしてその場で集まった人と即興で演奏するものです。

セッションと一言で言っても本当に色々なセッションがあります。

1つのコードでアドリブをとり続けたり12小節のBLUES進行を用いて色々なリズムでセッションするジャムセッションからジャズのセッション、シカゴブルースと呼ばれる歌ものセッションから様々なセッションがあると思います。

お住まいの地域にも関係しますし近場で参加できるライブハウスのセッションデーがあればそこへ是非行ってみて貰いたいと思います。

そんな中、個人的に最初に参加するセッションとしてお勧めするのはシカゴブルースのセッションです。

勿論どんな種類のセッションでも、とても有益だと思います。

その上でこの記事では僕の経験を元にお話したいので、ここでは「ライブハウス主催のシカゴブルースセッションへの参加」についてお話したいと思います。

ブルースセッションのコード進行や定番曲については別記事(ページ下にもリンクあります)にまとめましたので、ここではそういう事には触れずにギターが上達する理由などについて書いてみます。

僕もライブハウスのセッションには通いまくり、そこで知り合った方々とも沢山ライブをしてきました。

参加は簡単です。

ライブハウスのスケジュールを確認してセッションデーがあればその日に開店時間に楽器を持ってお店へ行くだけです。

大抵は入るとお店の方かセッションホストの方から参加する方はこちらにお名前とパート(楽器)をご記入くださいと言われて記入して最初のドリンクをオーダーして空いてる席に座ります。

参加費は大抵500円~1000円くらいだと思います。

そこに入店時に受付(名前記入時)に1ドリンクのオーダーという感じだと思いますのでミニマムの費用が1000円~2000円といった所でしょうか。

ちなみに席に着いたらなるべくすぐに楽器を出してチューニングは済ませます、割とマナーだったりします。

名前を呼ばれてからチューニングするのは避けたい所です。

チューナー

もちろんお店によってスタイルは様々ですが概ねこんな感じです。

知っておく事はこれだけで大丈夫です。

日本全国のお店を知ってるわけでは勿論ありませんがどのお店も参加資格は「やってみようかな」という気持ちだけだと思います、それくらいオープンなもので参加者さんはいい人ばかりです。

ただ、人見知り同士しか店内にいなければもちろん最初はよそよそしい空気が流れたりしますがお酒飲んで普通に失礼のないように振る舞っていれば全く問題ありません。

…と、ここまでの話で「よしセッション行ってみよう」とはまだ思わないと思いますのでもう少し書いてみようと思います。

BLUESセッションについて

シカゴブルースのセッションではシカゴブルースと括れるスタンダード曲があり、これを共通理解として皆さんセッションを楽しんでいます。

なので、シカゴブルースをまったく知らず単なる12小節の繰り返しと思って参加すると、ちょっと面食らってしまう部分もあるかと思います。

とはいえ難しい事は無いので何も知らなくても大丈夫です。

年齢層も凄くて10代の方から80代の方まで、キャリアに関してもギター始めた方からプロの方まで、もうとにかく色んな方がいらっしゃいます。

勿論スタンダード曲を知らなくても大丈夫です、こちらが失礼のない姿勢でいる限り同士なのでみなさん優しくしてくれます。

でも少しだけでも予習があれば、その方が絶対に楽しくセッションに参加できます!

せっかく都合をつけて参加してみたのに「なんだかよくわからなかった」という印象を持ってしまいちょっと辛い思いでになってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

僕も最初に参加した時はまったく知らない世界に疎外感みたいなものを感じたりしました。

でも通ってわかるようになったら最低限必要な事なんて少ししかなかったとわかりました。

なので最低限必要な事を選んでここに書きました。

ぼくが何故ここまでシカゴブルースをお勧めするかというと、大きく「決まり事や曲の進行に必然性がある事で演奏に良い意味の制約が生まれる」「ペンタトニックスケールについて深い理解が得られる」「お約束事がある曲が多い事でアンサンブルを学べる」の3点にあります。

お勧め点1 決まり事や曲の進行に必然性がある事で演奏に良い意味の制約が生まれる

僕も当然自分が通っていたり行った事のあるライブハウスの事情しか知らないので全国のシカゴブルースセッションがこうとは言い切れないのですが、基本的にはシカゴブルースセッションは「歌もの」です。

ボーカリスト

シカゴブルースセッションではボーカルの存在が極めて重要です。

必然性が生まれる理由は「歌もの」であるからです。

ブルースセッションにおける決まり事の多くは「演奏は全てボーカルの方が歌に集中できるようにする為にある」と言っても過言ではないです。

セッションではセッションホストの方が進行を務め、参加者の中からセットのメンバーを決めて名前を読み上げます。

ブルースセッションではそのセットのメンバーの中に「ボーカル」の方がいます。

そしてボーカルの方が演奏の最初から最後までを取り仕切ります。

歌う曲、曲のkey、テンポ出しまでボーカルさんが仕切り、このセットのバンドメンバーの方はボーカルさんに従います。

テンポ出しはボーカルさんがカウントしたり、ボーカルさんがそのセットの誰かにイントロをお願いしたりしてセッションは始まります。

そしてボーカルさんが歌い、歌が終わるとボーカルさんがバンドメンバーの誰かへアドリブを振ります。

振られた人はソロを弾き(吹き)ます。

そしてここが大切な所なのですが、自分のソロが終わる少し前に必ずボーカルさんへ返します。

送る画像

ボーカルさんはそれを受けて違う人へソロを回すか再び歌いだすか、場合によってライブしまくっている強い方(もしくわプロ)によっては突如MCに入り語り始めます。

バンドメンバーも客席もめちゃくちゃ盛り上がります(笑)。

他のセッションでは「ソロをとっている人」が次のソロを誰にするか決めて渡す事が多いと思いますが、ブルースセッションでは「ボーカル」の方が次のソロを誰にするか決めて渡しソロをとった人はボーカルの方へ渡し(返し)ます。

このやり取りを繰り返しながら、ボーカルさんはセットの中でソロを回していない人がいないかとかどうやって演奏を終わらせるかとか何をしゃべるかとか考えながら進行し、ボーカルさんの合図で曲が終わります。

ビシっと終われば歓声と拍手、ズルズルっと終われば笑い声と拍手が起こってセッションホストさんが次のセットの方を呼ばれたりして進行していきます。

全員ではありませんが、参加者のほとんどはお酒飲んでますから間違っても失敗しても良いのです。

シカゴブルースセッションではとにかく「ボーカル」の方が演奏の中心なんです。

必然性に関しては自分が演奏していない時に席からボーカルの方の様子を見ているとわかると思います。

ボーカルの方がばっちり輝いている時とあんまり歌う事に集中できていない時とがあり、見ているとわかると思います。

これがとっても良いのです。

これこそ僕がブルースセッションをお勧めする理由です。

バンドとして参加する時はミストーンを鳴らさない事は当然重要課題なのですが、それ以上に大事なのが「リズム・グルーヴ」だったりします。

こういう話って正解がないのですが、しかしボーカルの方が「気持ちよく歌えているかどうか」は1つの正解として指標になると思います

ボーカルさんが輝いてないと、いくら素晴らしいギターソロをとっても素晴らしいセット(バンドの演奏)にはなりません。

素晴らしいソロを弾かれる方はバッキングでもボーカルさんが輝くような素晴らしいギターを弾かれます。

普段の練習にもこの価値観を体験してからやる事で、同じ練習でもその質は見違えてくると僕は思います。

自分の演奏がどうだったか自分で評価する必要が出てくるとお感じになるかもしれないのですが、たぶんわざわざ評価を自分で下す必要はありません。

うまく行ったかどうかは肌で感じられるからです、自分には嘘をつけないです。

アンサンブルの感覚も大切になりますし、バンドとして参加する時も演奏以外の事にもめちゃくちゃ神経使わなければなりません。

自分のアンプのセッティングも音量もむちゃくちゃ大事になってきます。

そしてこの書き方をするとボーカル専門の方がいるかのように感じるかと思いますが、ボーカルだけの方も勿論いらっしゃいますがその多くは実は「ギターボーカル」だったりします。

ちなみに僕も参加したらボーカリストではないのに歌っています。(わりと音痴です)

自分で歌ってみると、また新しく見える景色がありますのでセッションでボーカルを取る事をとても強くお勧めします。

もちろん、中にはベースでボーカルを兼任する方もドラム(!)でボーカルを兼任する方もいらっしゃったりします。(ちなみにベースやドラムの方が歌うとめずらしいので異常に盛り上がります)

という感じなので、セッションに不慣れだと最初は「どたばた」で終わってしまうと思います。

ギター弾きながらボーカルもとるとなると「どたばた」感はそこから更に跳ね上がります。

「どたばた」の中では自分の技術の「ボトム」の部分が否応なしに現れます。

この「ボトム」については一人で練習してるとなかなか気が付けないんじゃないかなと思ったりします。

そしてたぶん、「ボトム」が底上げされると「ピーク」も比例して高くなるような気がします。

底上げ画像

そしてこれもセッションのとても良い所なのですが、上級者でかっこいい演奏をする方が大抵いらっしゃいます。

お店によってはプロの方が遊びに来る事もあります。

その演奏を実際に見れる事で1つの正解も得られます。

直接教わってもいいと思いますし、教えてと言われて嬉しくない人はいないと思いますので積極的に聞いていいと思います。

そこで友人にもなれちゃいます。

ギター演奏の技術的な観点としては、シカゴブルースセッションではシカゴブルース特有の演奏マナーみたいなものがあるのである程度覚える事はありますがそんなに多くはないです。

自身のメインのジャンルはロックのままでもアコギ弾き語りでもまったく問題ないです、BLUESにどっぷり浸かる必要はありません

セッションに足を運ぶ人の音楽的なバックグラウンドもバラバラです、十人十色です。

シカゴブルースのスタンダードと呼ばれるものを全てマスターするとかセッションホスト目指すとなると勿論長く険しい道になりますが、楽しく参加するだけならそうなる必要はないと思います。

また、逆にもしシカゴブルースを極めようとなったらそれはそれでめちゃくちゃ素晴らしいと思います。

ここに価値を感じられないという場合は参加する意義を見出せないかもしれませんが、音楽の凄く大切な事をシカゴブルースセッションは教えてくれると思います。

お勧め点2 ペンタトニックスケールについて深い理解が得られる

音楽的な話(コード進行やセッションで取り上げられる定番曲等)は別記事で改めて取り上げます。

ペンタトニックって、スケールはなぞれるしこの運指でなんとなくフレーズが出来てるというのはわかるけどなんだか使い勝手が悪い。。と感じている方がもしいらっしゃいましたら、ブルースセッションに参加するとペンタトニックスケールがどれだけ音楽的なものなのかがよく理解できると思います。

ここでも「歌」の存在がとっても大きいと思います。

歌とまったく寄り添わないギターソロを弾いてもあまり…、いや盛り上がる事は盛り上がります(笑)がペンタトニックがいかに人の心情に寄り添ったものなのかよく理解できると思います。

指がどんなに早く動いても、普通は思いつかないような不思議なスケールを載せても(それぞれがとても尊い事なのは間違いありません)、欲しい時にチョーキングで曲げて一音を歌い上げる方が響く場合がある事をBLUESセッションは教えてくれます。

「ペンタなんて知ってるよ」という方も、メジャーペンタとマイナーペンタの使い分けなどの可能性についてもきっと発見があると思います。

お勧め点3 お約束事がある曲が多い事でアンサンブルを学べる

シカゴブルースセッションでは「曲毎に定番のお約束」がある曲が沢山あります。

「○○という曲は構成が特殊」だったり「△△という曲は1コードブルース」だったり「◇◇という曲は歌の前半はバンド全員ブレイク」だったり「□□という曲はバッキングがお決まりのリフ」だったり「■■という曲はシャッフルじゃなくて8ビート」等々。

BLUESは単なる12小節の繰り返しではありません、それぞれに歌に合わせたアレンジが施されています

言い方を変えると、ずっとブルースしてても決して飽きません。

ちなみに余談になりますがブルースセッションではいわゆる「16ビート」という呼び方は基本的にしません、いわゆる16ビートも「8ビート」と呼びます。(たぶんどこのセッションでも)

もちろんお約束については知らなくても大丈夫です、その場でちゃんと教えて貰えるか知らなくても対応できちゃったりするようなものも多いです。

というかベースの方とドラムの方がわかっていれば「よっしゃやろう!知らない人はドラムに合わせてね」みたいなノリでやっちゃう事も多い(というかほとんどノリ)感じです。

スポンサーリンク

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

長くなってしまいました。

最初は僕が実際に行ってきたギターの練習方法について書いていたのですが大切な事はブルースセッションで学んだという事を書いていて書き直したりしていたら全編ブルースセッションの記事に書き換わってしまいました。

書いていて改めて気付かされたのですが、僕にとってはギターの上達にブルースセッションに通ってた日々は無くてはならない重要なものでした。

できれば1回行って終わらず、2~3年くらい毎週通い続け「○○の店には△△という上手い奴がいる」と言われるくらいの目標で通えたら意義はもっと出てくると思います。

通ってればギターは自動的に上達します、効果は絶大です。

この記事を読んで一人でも多くの方がセッションに足を運んで頂けたら嬉しく思います。

楽しいですよ!

・一人で練習しているだけではリズム面の強化が難しい
・足を運べる範囲にBLUESセッションがあればBLUESセッションへ参加してみてください
・BLUESセッションお勧め理由は3点
「決まり事や曲の進行に必然性がある事で演奏に良い意味の制約が生まれる」
「ペンタトニックスケールについて深い理解が得られる」
「お約束事がある曲が多い事でアンサンブルを学べる」
スポンサーリンク

他のブルースの紹介ページのご案内

ブルースセッションについてと、ブルースセッションで扱われる定番曲について、より詳しく書いてみました。

ご関心がありましたら是非こちらのページもチェックして頂けたらと思います。

定番曲についてはすこしずつ書き足して行こうと思っていますので、ご要望やご指摘等ありましたらお気軽にコメント頂けたらと思います。

ブルースセッション はじめて参加する時に知っておきたい事

ブルースセッションはじめて参加1
ブルースセッションはじめて参加2
ブルースセッションはじめて参加3
ブルースセッションはじめて参加4
ブルースセッションはじめて参加5

ブルースセッション定番曲紹介

キメや仕掛けがある曲

ブルースセッション定番曲紹介1

ブルース12小節からコード進行が少し変わる曲

ブルースセッション定番曲紹介2

他ジャンルから稀に歌われる曲

ブルースセッション定番曲紹介3

コメント