ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介③シャッフル-3

ブルース管楽器バッキング3 ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介
スポンサーリンク

【 目次クリック(タップ)で目的の項目へ飛べます 】

こんにちは。

ここではブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズを紹介します。

シャッフルのフレーズも色々と調べてみたら面白いフレーズのオンパレードで紹介したいものが沢山ありましたので3つの記事に分けて紹介します、この記事は3つ目の記事になりちょっとだけ意外性のあるバッキングフレーズを紹介します。

シンプルなバッキングフレーズは「ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介①シャッフル-1」、少し旋律の見えるバッキングフレーズは「ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介②シャッフル-2」で紹介していますのでよければこちらもご覧頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズ シャッフル-3

意外性のあるとはいえここで紹介しているフレーズはシャッフルのブルースではどんな曲にでも使える汎用性の高いものだと思います。

僕はギターでサックスやトランペット等は吹けないのですが、ブルースセッション不慣れな管楽器の方へバッキングをとるハードルが実例を知る事で下がったらいいなぁと思って自分なりにまとめてみました。

僕はギターでサックスやトランペット等は吹けないので奏法の事はわからないのですが、ブルースセッション不慣れな管楽器の方へ実際に使われているフレーズを知る事でバッキングをとるハードルが実例を知る事で下がったらいいなぁと思って自分なりにまとめてみました。

譜面は音源のコピー譜ではなく僕が用意した音サンプルのフレーズの譜面です。

また紹介している譜面は著作権に触れないように音源のコピーにはならないように心掛けています、ブルースセッションや他の演奏で気軽に使えるように僕なりに簡略化と汎用化をしたものになっていますので音源とまったく同じフレーズにはなっていません。

ただしここで紹介しているフレーズをヒントにすれば音源で実際に使われているフレーズもきっと簡単に耳コピーで音を拾えると思います。

また管楽器は譜面に表せないニュアンスなどが沢山ありますので是非音源に耳を澄まして感じ取って頂けたらと思います。

また管楽器の記事なので譜面もB♭管用E♭管用のものもソフトで簡単に移調できるので用意するべきかとも思ったのですが記事の見やすさと使い勝手の観点からすべて実音のコンサートキーで表記させてもらいました。

また全てのフレーズで音源のオリジナルキーと(実音の)B♭キーの譜面とサンプルも用意しましたのでフレーズの比較や対比などを行ってみてください、きっと理解の面でお役にたてると思います。

スポンサーリンク

フレーズの紹介

シャッフルのバッキング⑪

管楽器のシャッフルフレーズ11

この「カレドニア」もブルースセッションの大スタンダードです。

ブルースセッションに参加していれば、管楽器の方はこの曲のテーマを吹く機会がきっと訪れると思いますので是非チェックしてみてください。

紹介しているフレーズはこのルイジョーダンの音源で使われているものの一部分です。

音源を聴いてもらえると実際にはこの♭5→P5の2音でもっと沢山の音を鳴らしていますがここでは汎用的になるように僕が勝手に音数を減らしたものを紹介しています。

管楽器の方は実際のフレーズもテーマも、どちらの面でもルイジョーダンは必聴の方だと思いますので是非ともチェックしてみてください。

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器のシャッフルフレーズ11Bb

 

シャッフルのバッキング⑫


管楽器のシャッフルフレーズ12

この「レット ザ グッド タイムズ ロール」も「カレドニア」と同様にブルースセッションではスーパースタンダードなのでテーマも併せて覚えておけるといつかきっとお役に立つと思います。

紹介しているフレーズは音源の演奏の中で使われているものの一部分を僕が勝手にパターン化したものですが、曲がある程度進行していて盛り上がってきた辺りでこういうちょっと面白いリフが入ると演奏全体が華やかになると思います。

またこの曲をブルースセッションで演奏する機会があったら実際の音源のようにボーカルラインを輪唱するようにメロディを追いかけていくと歌ってる方はテンションが上がってきっと喜ばれると思います。

「カレドニア」と同様にこの曲も必聴音源ですので是非隅々まで聴きこんで音を拾ってみて頂きたいと思います。

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器のシャッフルフレーズ12Bb

 

シャッフルのバッキング⑬

管楽器のシャッフルフレーズ13

ギタースリムという人は、僕ら日本人が持つ「ブルース」という言葉のイメージからはまったく想像できないくらい明るくて楽しいブルースをする人です。

ご本人の人柄も何事にもいつも超本気で強烈に明るい人だったそうです、若くしてお亡くなりになっているので太く短く濃い人生だったのかなと思います。

演奏中の超本気楽しい空気が歌声からもビシビシ伝わってきます。

管楽器のフレーズも見事にからっと明るいフレーズでギタースリムの歌を支えています。

メリハリの効いたわかりやすいポップなメロディの時にはホーンセクションによるこういう合いの手はとても映えると思います。

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器のシャッフルフレーズ13Bb

 

シャッフルのバッキング⑭

管楽器のシャッフルフレーズ14

このフレーズもギタースリムから紹介してみました。

この曲は最初のコーラスで使われているフレーズの方が目立つし華やかでインパクトがあるのですが汎用性の面ではこちらのパターンの方が使いやすいかなと思いましたので少し簡略化して紹介しています。

このフレーズも先のギタースリムのパターンと同様にとても明るくて華やかなものだと思います。

使い勝手もいいと思いますので参考にして頂けたらと思います。

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器のシャッフルフレーズ14Bb

 

シャッフルのバッキング⑮

管楽器のシャッフルフレーズ15

最後に紹介するのはリトルミルトンの「SO MEAN TO ME」という曲で使われているフレーズです。

ここで紹介するものは、この曲で使われているというよりも「シカゴブルースの定型」と呼べるような演奏形式です。

ブルースセッションにおける最重要スタンダードの1つとして「フーチークーチーマン」という曲があるのですが、ここで紹介している「SO MEAN TO ME」という曲は「フーチークーチーマン」スタイルなのでブルースセッションに参加する際には是非知っておいて頂きたいと思います。

ブルースセッションに通い始めたら、きっとそう遠くないうちに演奏する機会があると思います。

ちなみにサンプルでは12小節にしていますが、歌のコーラスでは音源の通りトニック部分が8小節の長さになって1コーラス16小節になります。 ※ソロ回しの時は1コーラス12小節

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器のシャッフルフレーズ15Bb

 

スポンサーリンク

まとめ

ここではブルースセッション等で使えるシャッフルのリズムの時にちょっと面白いバッキングフレーズを紹介しました。

シャッフルのフレーズはとにかく沢山のものがあります、このブログでは僕なりに汎用性が高いと思えるものを紹介しましたがまだまだ沢山あります。

またシンプルなバッキングフレーズは「ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介①シャッフル-1

少し旋律の見えるバッキングフレーズは「ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介②シャッフル-2

で紹介していますのでよければこちらもご覧頂けたらと思います。

この記事がきっかけになって管楽器の方にももっとブルースセッションが身近なものになったらとても嬉しく思います。

最後にこの記事で紹介したフレーズを、テンポを合わせて全てB♭キーにしたサンプルを並べてみますのでフレーズの比較等に使って頂けたらと思います。

コメント