ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介④エイトビート-1

ブルース管楽器バッキング4 ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介
スポンサーリンク

【 目次クリック(タップ)で目的の項目へ飛べます 】

こんにちは。

ここではブルースセッションの8ビートで使える管楽器のバッキングフレーズを紹介します。

8ビートは2つの記事にわけて紹介してみます、これは1つ目のシンプルなフレーズを紹介する記事になります。

8ビートのより面白いフレーズを「ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介⑤エイトビート-2」記事で紹介していますのでよければそちらもご覧頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズ 8ビート-1

僕はギターでサックスやトランペット等は吹けないので奏法の事はわからないのですが、ブルースセッション不慣れな管楽器の方へ実際に使われているフレーズを知る事でバッキングをとるハードルが実例を知る事で下がったらいいなぁと思って自分なりにまとめてみました。

実際にサックスやトランペットが参加しているブルースの音源を参考にしてフレーズをピックアップしてみました、参考にした音源と併せて譜面とサンプル音源を使って紹介しています。

譜面は音源のコピー譜ではなく僕が用意した音サンプルのフレーズの譜面です。

また紹介している譜面は著作権に触れないように音源のコピーにはならないように心掛けています、ブルースセッションや他の演奏で気軽に使えるように僕なりに簡略化と汎用化をしたものになっていますので音源とまったく同じフレーズにはなっていません。

ただしここで紹介しているフレーズをヒントにすれば音源で実際に使われているフレーズもきっと簡単に耳コピーで音を拾えると思います。

また管楽器は譜面に表せないニュアンスなどが沢山ありますので是非音源に耳を澄まして感じ取って頂けたらと思います。

また管楽器の記事なので譜面もB♭管用E♭管用のものもソフトで簡単に移調できるので用意するべきかとも思ったのですが記事の見やすさと使い勝手の観点からすべて実音のコンサートキーで表記させてもらいました。

また全てのフレーズで音源のオリジナルキーと(実音の)B♭キーの譜面とサンプルも用意しましたのでフレーズの比較や対比などを行ってみてください、きっと理解の面でお役にたてると思います。

スポンサーリンク

フレーズの紹介

8ビートのバッキング①

管楽器の8ビートフレーズ1

このフレーズはとてもシンプルでまたコード進行を感じさせる音使いがあるので特殊な進行のブルースでなければ大抵の曲で使えるとても汎用性の高いフレーズだと思います。

またBBキングの力強くて太陽の様にエネルギッシュな歌声をポップに彩っていてシンプルなフレーズですがこのバッキングの効果はとても高く感じます、このフレーズは聴いている人をわくわくさせてくれると思います。

ひとまずこれだけ吹けるようにしておけばセッションの準備はOKじゃないかなと思います。

 

この曲はオリジナルがB♭キーなので別サンプルはありません。

 

8ビートのバッキング②

管楽器の8ビートフレーズ2Bb

このフレーズはちょっとコミカルな感じがあってとても存在感が強く感じます。

アルバートキングの歌も割とテンション抑え目の中でホーンセクションはとても歯切れのよい演奏をしています。

ピアノドラムベースがコミカルなリズムを作っていますがこのリズムをホーンセクションのバッキングが方向性を明確にして聴いている僕らに曲調をとてもわかりやすく伝えてくれている様に思います。

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器の8ビートフレーズ2

 

8ビートのバッキング③

管楽器の8ビートフレーズ3

シャッフルでも沢山取り上げさせて頂いたリトルミルトンの音源からとっても明るいバッキングフレーズです。

シンプルなのですが音使いが意外と面白くてトニック部分ではルート音ですがサブドミナント部分では7thの音を使っていてちょっとだけ「おや?」っと思わせてくれる音使いだと思います。

譜面とサンプルには起こさなかったのですがリトルミルトンの音源ではコーラス終わりで駆け上がってるフレーズになっていてこれもとても印象的フレーズだと思います。

面白いフレーズですので是非音源から音を拾ってみてください。

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器の8ビートフレーズ3Bb

 

8ビートのバッキング④

管楽器の8ビートフレーズ4

このフレーズもリトルミルトンからです。

音源ではもっと長いフレーズが使われていて完成度が高い演奏が聴けますがここではフレーズ後半部分だけの方が色々な曲で使いやすいかなと思ったのでこんな形で紹介してみました。

8ビートのアップテンポの曲で明るい曲調の時には大活躍しそうなフレーズだと思います。

また「Ooh My Little Baby」は8ビートからシャッフルへ曲中でリズムの変更が行われていて、このフレーズも8ビートらしさを強調している事でシャッフルへ移行がより効果が高いものになっていると思います。

この曲にとってはホーンセクションの役割は特に強いものと感じます。

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器の8ビートフレーズ4Bb

 

スポンサーリンク

 まとめ

ここではブルースセッション等で管楽器が8ビートのリズムの時に使えるシンプルなバッキングフレーズを紹介しました。

8ビートのより面白いフレーズを「ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介⑤エイトビート-2」記事で紹介していますのでよければそちらもご覧頂けたらと思います。

最後にこの記事で紹介したフレーズを、テンポを合わせて全てB♭キーにしたサンプルを並べてみますのでフレーズの比較等に使って頂けたらと思います。

コメント