ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介⑨アップテンポ-2

ブルース管楽器バッキング9 ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介
スポンサーリンク

【 目次クリック(タップ)で目的の項目へ飛べます 】

こんにちは。

ここではブルースセッションのアップテンポの曲で使える管楽器のバッキングフレーズを紹介します。

アップテンポのリズムのバッキングは2つの記事にわけて紹介してみます、これは2つ目のちょっと面白いフレーズを紹介する記事になります。

よりシンプルなフレーズは「ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介⑧アップテンポ-1」記事で紹介していますのでよければそちらもご覧頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズ アップテンポ-2

僕はギターでサックスやトランペット等は吹けないので奏法の事はわからないのですが、ブルースセッション不慣れな管楽器の方へ実際に使われているフレーズを知る事でバッキングをとるハードルが実例を知る事で下がったらいいなぁと思って自分なりにまとめてみました。

実際にサックスやトランペットが参加しているブルースの音源を参考にしてフレーズをピックアップしてみました、参考にした音源と併せて譜面とサンプル音源を使って紹介しています。

譜面は音源のコピー譜ではなく僕が用意した音サンプルのフレーズの譜面です。

また紹介している譜面は著作権に触れないように音源のコピーにはならないように心掛けています、ブルースセッションや他の演奏で気軽に使えるように僕なりに簡略化と汎用化をしたものになっていますので音源とまったく同じフレーズにはなっていません。

ただしここで紹介しているフレーズをヒントにすれば音源で実際に使われているフレーズもきっと簡単に耳コピーで音を拾えると思いますので音源のフレーズが欲しい方は参考にしてみてください。

また管楽器は譜面に表せないニュアンスなどが沢山ありますので是非音源に耳を澄まして感じ取って頂けたらと思います。

また管楽器の記事なので譜面もB♭管用E♭管用のものもソフトで簡単に移調できるので用意するべきかとも思ったのですが記事の見やすさと使い勝手の観点からすべて実音のコンサートキーで表記させてもらいました。

また全てのフレーズで音源のオリジナルキーと(実音の)B♭キーの譜面とサンプルも用意しましたのでフレーズの比較や対比などを行ってみてください、きっと理解の面でお役にたてると思います。

スポンサーリンク

フレーズの紹介

アップテンポのバッキング⑤

管楽器のアップテンポのフレーズ5

このバッキングフレーズはとても短くて、さらに音源ではホーンセクションと一緒にギターも同じ型で鳴らしているのでとても印象的なフレーズに聴こえます。

でも音源のようにギターと一緒に鳴らさなくても凄くかっこいいフレーズだと思いましたので紹介してみました。

アップテンポの中でこれくらい短いフレーズを曲中に挟むだけというスタイルはアップテンポの勢いのある演奏をシュッと品の良い感じにしてくれると思います。

また十分な間のあるパターンなので実際にセッションで演奏が始まってから何を吹こうかなと迷ってから選ぶ事ができるパターンでもあると思います。

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器のアップテンポのフレーズ5Bb

 

アップテンポのバッキング⑥

管楽器のアップテンポのフレーズ6

この曲は他とはリズムが違っていて8ビートのバッキングになります。

他の曲との対比が取れないのですがアップテンポで面白いバッキングなので紹介してみました。

つくった譜面とサンプルはこれだけ聴いたらあまり魅力的には聞こえないのですがゲイトマウスブラウンの音源では管楽器らしいアーティキュレーション満載の演奏を聴く事が出来ます。

管楽器でないとこういう華や演出は出来ないのでギターの視点からはとても面白く感じます。

是非音源もチェックしてみてください。

 

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器のアップテンポのフレーズ6Bb

 

アップテンポのバッキング⑦

管楽器のアップテンポのフレーズ7

ここで紹介するバッキングはこのホーンセクションの演奏だけで聴いていても楽しいくらいフレーズとして完成されたものだと思います。

実際にはライブなどでないとこれくらい華やかなバッキングはなかなか聴けないかなぁとも思うのですが演奏が盛り上がってきた頃にはこれくらいスリリングなバッキングをされたらセッションがとてもカッコよくなると思います。

とくに8小節目のフレーズは曲に合わせるという受け身の姿勢ではなくとても能動的ですごくかっこいいと思います。

実際にルイジョーダンの音源で使われているフレーズはつくったサンプルよりも粋なかっこいいフレーズですので音源も是非チェックしてみてください。

 

次のものがB♭へ移調した譜面とサンプルです。

管楽器のアップテンポのフレーズ7Bb

 

アップテンポのバッキング⑧

管楽器のアップテンポのフレーズ8

最後に紹介するのはとてもブルースフィーリングに溢れたリトルミルトンの「ホールド ミー タイト」から紹介します。

リトルミルトンの音源では実際には和音でバッキングされていますがここではバンドに管楽器が1人で参加されていても使えるものになるように僕なりに音を選んで譜面とサンプルを作ってみました。

1小節目~8小節目まではブルースフィーリングがかなり強めのフレーズが聴かれますが9小節目からは解決に向かって11小節目できっちり落とすというとても完成されたバッキングになっていると思います。

ホーンセクションのみで聴いてもとてもかっこいいと思います。

ここで紹介したものをそのまま使うのでは無くても一部分だけでもアイデアとして使えるパターンじゃないかなと思います。

 

この曲はオリジナルがB♭なので移調したサンプルはありません。

スポンサーリンク

まとめ

この記事ではブルースセッション等で管楽器がアップテンポのブルースの時に使えるちょっと面白いバッキングフレーズを紹介しました。

アップテンポのよりシンプルなフレーズは「ブルースセッションで使える管楽器のバッキングフレーズの紹介⑧アップテンポ-1」記事で紹介していますのでよければそちらもご覧頂けたらと思います。

最後にこの記事で紹介したフレーズを、テンポを合わせて全てB♭キーにしたサンプルを並べてみますのでフレーズの比較等に使って頂けたらと思います。

コメント